京都・滋賀で焼肉・BBQ用のお肉ならお肉のスーパーやまむらや

豆知識豆知識

秋BBQでかぶりつけ!!

豆知識

\ 秋BBQで豪快にステーキを! /

天気の良い休日に、公園やキャンプ場でするBBQは最高ですよね!

アウトドアが盛り上がる秋🍂

この秋は、アメリカンスタイルの塊肉を使ったBBQをしてみませんか?

今回は、BBQで塊肉を美味しく焼くコツをご紹介🎵

🟠準備するもの🟠
<塊肉の調理アイテム>
・塩
・胡椒
・油と刷毛
・調理用のトング
・牛肉

🟡下準備🟡
お肉を美味しく焼くためには、
実は「焼く」前の下準備の段階に重要なポイントがあります👀

【ポイント1】お肉を常温に戻す
焼き始める30分ほど前に、お肉をクーラーボックスから出しておきます!

常温に戻しておかないと中は冷たいままで
外だけ焦げるという最悪の焼き上がりになってしまいます😭

※炎天下の場合は日陰に置き、時間を短めにしましょう💡

【ポイント2】焼く前にお肉に塩を振る
塩をお肉の表面にも裏面にもまんべんなく振りかけます。

この作業には、下味をつけるという意味合いの他に、お肉の表面を
塩でコーティングして中に含まれる旨味を閉じ込めるという重要な役割が😳

🟢手のひらで炭の温度確認🟢
網の上から5cmぐらいのところに手をかざし、
5秒耐えられるか耐えられないかぐらいがちょうど良い温度の目安🙌

耐えられない場合は高温すぎるので炭を減らし、
どれだけでも耐えられてしまうようであれば低温すぎるので
炭を足して温度を調節しましょう!

🔵実際に焼いてみましょう!🔵
網に油を塗り、ステーキを丁寧に網の上にのせます。

最初の面を4分間目安に焼きましょう🙆‍♀️

焼き具合を確認し、焼いている面の下から
5mm程度が白くなっているぐらいになったら裏返します!

【ポイント3】ステーキの表面に油をぬる
ステーキの表面と側面に刷毛で軽く油を塗ります。

油をぬることでステーキの表面の乾燥や焼きムラを防ぐことができます😊

🟣最後の仕上げ🟣
全体に塩を振りかけて香り付けをします!

仕上げに側面も1分ずつ焼きます。

すべての面を焼き終え、いい感じに焦げ目が付いたら、完成!
‥ではありません💥

この次にとっても大切な「お肉を休ませる」という工程があります💭

【ポイント4】お肉を休ませる
炭の火力がそれほど高くない場所にステーキを移動させ、
保温状態で3〜5分ほど休ませます。

お肉を休ませることで、
旨味のもとである肉汁が循環しステーキの中にとどまります☆

お肉を柔らかく保つことができ、ジューシーで柔らな食感に仕上がります😋

炭台で別のものを焼きたい場合は
炭台から外してアルミホイルで包み、休ませるという方法もあります!

あとは、おしゃれな木製のカッティングボードに盛り付けて、食べるだけ🎉

写真を撮ってSNSに投稿するのも楽しいですね🎈

ステーキはBBQを華やかにする食材のひとつ😎✨

是非、このアウトドアシーズンに塊肉ステーキを食べてみませんか??

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

やまむらやは地域の方々との交流のため様々な活動を行っています。

  • BBQブログBBQコンサルタントブログ
    やまむらやスタッフがBBQの情報をお届け!
  • オリジナルレシピ美味しいお肉をより美味しく!
    オリジナルレシピを公開中!
  • メディア情報やまむらやがメディアで
    紹介されました!
  • チャリティー活動やまむらやは様々な形で
    地域社会に貢献しています
  • イベント情報楽しいイベント情報を
    ご紹介しています!
 

肉バル牛兵衛OPEN

出張BBQ

詳しくはこちらから

営業時間のご案内

バーベキューメニューはこちら